医療法人 宮本眼科医院

眼科 色覚異常 白内障 コンタクトレンズ 日帰り手術

〒347-0065 埼玉県加須市元町9-4
TEL 0480-61-0366

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、 スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。


弱視とは
 

 人間の目は生まれた時から成人と同じ視力があるのではなく、生まれた後、物を見る行為によって視力の発達が促されていきます。

 物を見ると、網膜の中心に物の像のピントが合い、その像の情報が視神経を通って脳に伝わります。この刺激が継続することによって脳の視力を担当する部分が発達し、6歳までに大人と同じ視力を得られます。生まれた時は0・01ほどの視力ですが、6歳までには1・0が見えるようになります。

 弱視は、この経路に何か問題があった時に起こります。原因の多くは遠視、乱視や高度の近視によるものです。それらによって視力の発達が妨げられて弱視になってしまいます(目の病気による弱視はまた別のものになります)。

正常な視力を獲得している場合は、適正な眼鏡をかけると1・0以上見えるのですが、発達が妨げられると1・0まで見えません。その状態を弱視といいます。

よく混同されやすいのですが、裸眼視力は悪いけれど、適正な眼鏡を使用すると1・0が見えるという場合は弱視とはいいません。
 

 
弱視の治療について

 
 治療は最初に適正な眼鏡を装用することで始まります。眼鏡によって網膜の中心に正しく像のピントを合わせます。

 両眼性の弱視はこれだけで視力が回復する場合も多いのですが、左右の視力に差があって片方だけが弱視の場合は、眼鏡に加えて、見える方の目をアイパッチなどで隠して弱視眼の視力の発達を促します。
 
 こういった治療は視力がまだ発達段階である幼児期に行わなくては効果が得られにくいので、早めの受診、治療が必要になります。遅くとも6歳までの受診が望ましいと思います。

 早めに治療を開始できた場合は、個人差もありますが、おおよそ半年で正常な視力を獲得することが可能です。

 
                          
                        当院で使用しているアイパッチ