医療法人 宮本眼科医院

眼科 色覚異常 白内障 コンタクトレンズ 日帰り手術

〒347-0065 埼玉県加須市元町9-4
TEL 0480-61-0366

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、 スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

老眼鏡の話



 
【老眼鏡について】

老眼鏡は、使い始めると度がどんどん進んで手放せなくなるから、なるべく掛けないで頑張った方がよいと考えている人も少なくないようです。

人間の眼は、遠方を見る時に水晶体が最も薄い状態になっていて、近くのものを見る時には水晶体を厚くしてピント合わせをしますが、その作用を「調節」と言います。
老化によって水晶体の弾力性が減少すると、調節力が低下して近くのものが見にくくなります。これが「老眼」です。

老限鏡を使う使わないにかかわらず、年齢と共に調節力は着実に衰えるので、もし新聞の文字が見にくい、読んでいるとすぐに疲れてしまうというような症状が出ているのなら、我慢せずに老眼鏡を作った方がよいでしょう。
通常は、40歳を過ぎる頃から老眼の症状が出はじめ、調節力が全くなくなる60歳頃まで進行します。従って、数年ごとに老眼鏡を作り替える必要があります。

日常の診療で、眼が疲れる、頭が重い、肩が凝るなどの症状を訴える患者さんの多くに、自分の眼に合っていない老眼鏡を使用している人が見られます。
老眼鏡の度数は、その人の眼の屈折状態、つまり近視、遠視、乱視の程度はもちろん年齢、職業、読書量、パソコンの使用頻度などの生活状態までをも考慮して決めます。
出来合いの眼鏡や他人から貰った眼鏡は、専門医の立場からは勧められません。

最近の疫学調査により、40歳以上の20人に1人は緑内障で、しかもその殆どは未治療であることが分かりました。また、40歳以上と言えば、加齢黄斑変性症や白内障、糖尿病、動脈硬化症などの成人病が眼に現れる時期でもあります。
老眼鏡が必要かなと思ったら、まず眼科専門医の診療を受け、眼鏡処方箋を処方してもらった上で、信頼できる眼鏡店を訪れることをお勧めします。